購読 / シェア

【ミラノ・ベネチア旅】08.ジョージ・クルーニーが結婚式を挙げた華麗なパラッツォ『アマン・カナルグランデ』に宿泊{ベネチア・本島}

ベネチア アマン・カナルグランデとは?

image

ベネチアに行ったら、泊まってみたかったのが街の中心に流れるカナルグランデにたたずむアマンヴェニス。ジョージクルーニーが結婚式をしたことで有名なホテルで、大好きなアマングループということで、この旅で1番楽しみにしていました。

カナルグランデ沿いの16世紀のパラッツォに佇む、街と同様に豪華でロマンティックなアマン ヴェニスには、ティエポロのフレスコ画や金箔をあしらった天井、何世紀も昔のレザーの壁装材など、美術館に並ぶような素晴らしい作品が溢れています。

客室は全部で24室、貴重なフレスコ画やレリーフが飾られています。16世紀の建築家、サンソヴィーノや18世紀の画家、ティエポロなど、イタリアの数多くの偉大な芸術家による作品があしらわれたアマン ヴェニスの客室とシグネチャールームは、さまざまな広さとレイアウトを備えています。シルクの壁装材やシャンデリア、ウッドパネル、シノワズリ、絵を施した天井など上品な内装に現代的な家具を配しており、多くのスイートからはカナルグランデの眺めをお楽しみいただけます。
(参考:https://www.aman.com/ja-jp/resorts/aman-venice/rooms-signature

image

チェックインを済ませると、館内を案内してくれます。このパラッツォの歴史なんかをおりまぜつつ、自分のおうちを案内するかのように紹介してくださってまるで貴族のおうちに遊びに来たかのよう・・・。

image

ミーティングルームでは、本やチェスなどを手に取ってくつろぐことができます。

image

レストランはこんなかんじです。
日本人シェフが働いていてディナーの時間に簡単にご挨拶をしました。
せっかくベネチアに来たのだからと外に出てしまいましたが次回はぜひ夕食を頂いてみたいです。

ベネチア アマン・カナルグランデのお部屋は?

image

お部屋の扉を開けるとクローゼットがあり、その奥に進むとベッドが。ホテルの部屋が狭いといわれるベネチアですが、アマンはさすが広いです。日本のアマンと同じくらいの広さか気持ち狭いくらいです。お部屋は、リビング、ベッドルーム、ドレッシングエリア、バスルームに分かれており、ミニバー、デスクがありました。

image

ベッドの横にもソファがあり、横には桃がたくさんあり、シャンパン飲みながら桃を頂いたりとリラックスでできました。気遣いがさすが完璧です。

image

冷蔵庫の中はすきなものを飲んでOKなのがうれしい。早速、シャンパンで乾杯しました。

image

image

お部屋からは、テラスガーデンが見えました。
庭師さんがまめに手入れをしていて美しく保つ努力が素敵。

image

ドレッシングエリアは2つあり同時に着替えやメイクなどをしても喧嘩にならないシステム。

image

上の写真のちょうど反対側には、バスタブがあります。
カナルグランデを眺めながらのお風呂タイム、素敵すぎました。

image

シャンプー、トリートメント、バスソルト・・・
どれもとても心地よいアイテム。アマンオリジナルとのこと。

image

シャワールームにも、シャンプー、ボディソープなどがありバスタブ→シャワールームと移動させなくてもOK!

image

イタリアのトイレは2個?いえ、1個はビデなのです。1975年からイタリアのすべての家に設置することが法律で定められているそうです。

image

特に気に入ったのは、このバスローブ。ふわふわで気持ちよかった♡

ベネチア アマン・カナルグランデの朝食は?

image

ロビーもしくはテラスでいただけるそうですが、迷わずテラスに。
晴れているけれど、朝方は気温も高くなく心地よく過ごせます。ラッキーなことに滞在中は雨も降らずいい天気でした。

image

サーモンとサラダ

image

ラテ

image

タイ風オムレツ

image

フルーツ

image

記念に写真もパチリ。
比較的早い時間なのか、そもそもたくさんの宿泊客がいないせいか?ほぼ貸し切りでゆっくりと朝食を頂けました。こちらでもカナルグランデを眺めながら、しあわせな時間を過ごしました。

ベネチア アマン・カナルグランデのルーフトップテラスでカクテルタイム

image

image

エレベーターと階段を登っていく、ルーフトップテラスは夜に少しだけ。
山側なのでここではカナルグランデは見えません。

が、貸し切り。オーダーは、入り口にある電話でお願いしました。
スタッフの方がアクセスの悪いテラスまで届けてくださいました。

ベネチア アマン・カナルグランデの印象は?

image

ずっとホテルにいたくなる空間で、建物自体もとてもベネチアらしくまるで美術館に宿泊した気持ちになれました。古い建物だから不便なところもありましたが、サーヴィスでカバーしていてとても気持ちよく過ごせました。ハネムーンで来たら最高だと思います!

また次回、宿泊できる日を楽しみにしたいと思います。

アマン ヴェニス 公式サイト
https://www.aman.com/ja-jp/resorts/aman-venice
Palazzo Papadopoli Calle Tiepolo 1364 Sestiere San Polo Venezia 30125, Italy
TEL: (39) 041 2707333

————————————–
【ミラノ・ベネチア旅 関連記事】*Coming Soon
01.旅に向けて準備したもの
02.アリタリア航空でミラノ マルペンサ国際空港へ 空港からミラノ中央駅へ
03.LAGARE HOTEL MILANO CENTRALE MGALLERY BY SOFITEL{ミラノ}
04.ミラネーゼのフライデーナイトはこのアドレス!『CONCORDIA Cantina』{ミラノ}
05.ベネチアの若手が奮闘する話題のレストラン『CoVino』が
リーズナブルでおいしい {ベネチア・本島}

06.次回もリピートしたいアットホームで高コスパな『Ca’ Pisani Hotel』{ベネチア・本島}
07.世界中のお金持ちが船でやってくる『Restaurant Terrazza Danieli(ダニエリ)』{ベネチア・本島}
08.ジョージ・クルーニーが結婚式を挙げた華麗なパラッツォ『アマン・カナルグランデ』に宿泊{ベネチア・本島}
09.美しい風景と幻の美味なるワインを求めて『VENISSA ワインリゾート』{ベネチア・マッツォルボ島}
10.カラフルなおうちがアイコン『ブラーノ島(Burano)』とミシュラン獲得の シーフードレストラン『リーヴァ・ローサ』{ベネチア・ブラーノ島}

【その他、海外旅記事アーカイブはこちら】
http://honmaga.com/overseas_trip
バンコク、プーケット、ドバイ、カナダ、グアム、バリ、ハワイ

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)