TOKYO(東京)

DDD HOTEL|シンプル・ミニマル・リーズナブルなデザインホテル

今回ご紹介するのは、いつもは近すぎてなかなかすることができない、東京都内にある気になるホテルに泊まる東京ホテルステイ企画の第8弾「DDD HOTEL」です。

日本橋馬喰町にあるDDD HOTEL は「Live and Let Live(自分も生き、他人も生かす)」をコンセプトにしています。もともとあったビジネスホテルをフルリノベーションし、地上10階、地下1階の全11フロア。客室は全122室。

空間設計は「ケース・リアル」の二俣公一氏が担当し、モスグリーンを基調としたシンプルでミニマルな空間となっています。

DDD HOTEL SUPERIOR TWIN ROOMは?

DDD HOTEL が提案するのは、「本当に必要なものを、必要な分だけ、最高の品質で」という、ミニマル・ラグジュアリーな宿泊体験とのこと。

マットレスはFRANCE BEDの最上級ライン、羽毛布団は京都から取り寄せ、タオルは高級ブランドのDescampsとセンス抜群のセレクト。数は多くはないけれど、きちんと納得いくアイテムを揃えたな…と感じます。
ベッドリネンもとろけるような肌触りで、すごく心地よいしビルとビルの間にあるのにしっかりと光が入るので圧迫感はなくPC作業や読書何かも捗ります。

部屋自体はビジネスホテルサイズなので狭いのですが、デザインとシンプル&ミニマルのおかげか圧迫感はあまり感じないのが不思議。ひとりで籠もって作業したい時なんかにも集中できるのでいいかもしれません。

専有面積 : 24m²
ベッドサイズ : 1280 × 1950(2台)
シャワールームタイプ

DDD HOTELの設備・アメニティ

「本当に必要なものを、必要な分だけ、最高の品質で」のテーマはアメニティに関しても一貫しています。歯ブラシに剃刀、コットンと潔いセレクト。
シャンプーやトリートメント、ボディソープは香りも素晴らしくミントのような清涼感も感じるものでした。すごく今ぽいセレクト。

DDD HOTEL宿泊日の夕食

この日の夕食は、蔵前にある「ヤネウラ」という予約困難店の予約が取れたので外出をしました。2Fにあるカフェ&ダイニングでは周辺のお店とのコラボレーションイベントを開催していてこの日は昆虫食のイベントをやっていました。

BARではアルコール提供もしていてすごくいいと聞いているので次回はぜひ夕食前後の時間に利用してみたいと思います。

ヤネウラ
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131103/13151022/
東京都台東区蔵前1-5-8 シスコビル 2F
TEL 080-3450-7859

DDD HOTELの朝食

宿泊者の朝食は2Fにある人気カフェ「abno」にて。カフェの営業時間前に利用することができるので、普段は混んでいる店内も人がまばらで撮影しやすい。窓から入る光でからだを目覚めさせつつ美味しい朝食がいただけてすごくよかった。飲み物は飲み放題で朝はコーヒーが欠かせない私にとって最高でした。

abno
https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13243461/
東京都中央区日本橋馬喰町2-2-1
TEL 03-3668-0840

浅草橋・馬喰町・東日本橋と注目の下町エリアにあるお洒落ホテルの中でもきらりとセンスが光る優秀ホテル。

実は家から15分ほどととても近い場所にあるのですがちょっと気分転換に宿泊したくなるほど。ダイニングのレベルも高いし、宿泊料金もお手頃で、立地よし、価格よし、味よしのお気に入りホテルに仲間入りしました。またぜひお邪魔したいと思います。

DDD HOTEL
https://dddhotel.jp/
東京都中央区日本橋馬喰町2-2-1
TEL:03 3668 0840

コメントを残す