TOKYO(東京)

KAIKA TOKYO|アートストレージホテルに滞在

なんとなく移動が躊躇われるニューノーマル時代。
とはいえ、素敵なもので心を満たしたい!と言うわけで気になっていた東京近郊にあるデザインホテルを巡る旅企画をスタートすることにしました。

年に数回しか利用できないご褒美旅に加えて、気軽に宿泊できるプチプライスだけれどしっかりお洒落で満足できるホテルを特集していきたいと思います。

今回ご紹介するのは、いつもは近すぎてなかなかすることができない、東京都内にある気になるホテルに泊まる東京ホテルステイ企画の第1弾 浅草駅から徒歩10分ほどの場所にある「KAIKA東京」です。

KAIKA 東京は、
アートストレージとホテルが融合した、
コンテンポラリーアートの拠点です。
館内には、複数のアートギャラリーが

作品を公開保管する収蔵庫をはじめ、
様々なアート作品が収蔵されています。
通常は決して覗き見ることができないアートの現場で、
作品との特別な出会いをお楽しみください。

https://www.thesharehotels.com/kaika/concept/

KAIKA東京|ロビー&共有エリアは?

チェックインは1Fロビー横にあるカウンターで。すぐそばには期間限定のアートスペースとショップ、カフェバーもあります。ビジターはカフェでまったりとしたりできます。もしアート目的にKAIKA東京にくるなら周囲には施設が少ないので浅草駅もしくは蔵前周辺に行くといいかもしれません。徒歩10分ですし…。

アートストレージエリアは、キッチン&自販機、洗濯エリア、ミーティングスペースなど共有エリアになっていました。どれもこだわりが感じられてお洒落。それぞれが全く異なる印象なのでバリエーション豊かな写真が撮影できるのも嬉しい。

B1にある共同キッチン・ダイニングスペース (バルミューダ製品完備)
B1には自動販売機もあるので飲み物が欲しいときに便利

KAIKA東京|アクセシブルツインの部屋

小さな冷蔵庫で持ち込んだワインを冷やしていただきました

お部屋はロビー近くにあるアクセシブルツインのお部屋。
KAIKA東京の中でも広いお部屋です。作りはコンパクトながら無駄がなく居心地抜群!外から入る光がとてもいい感じです。私たちはワインとグラスを持ち込んでお部屋で話しながらリラックスして過ごしました。(キッチンがあれば理想の一人暮らしのお部屋なレイアウトで勉強になります)

アメニティもしっかり揃っていて、歯ブラシやカミソリなどはありました。化粧水やメイク落としは自分のものを持っていきましょう。バスルームも広くシャンプー&リンス、ボディソープも完備していて便利でした。

寝る用のパジャマも準備されています
なんと洗濯機もある!
洗面所も広く使いやすい
トイレもお洒落
バスルームは広く、シャンプー&リンス ボディソープ完備
ルームキーは入口横にさすスタイル

KAIKA東京|夕食はもんじゃ焼きへ

もち明太子もんじゃ

KAIKA東京ではBAR/CAFEのみの営業だったため、近くを検索して昔懐かしいもんじゃ焼きのお店「おかとく」に行くことにしました。
お母さんがひとりでやっている素敵なお店で、味はもちろんお値段が優しくてすっかり気に入ってしまいました。
次回もKAIKA東京に泊まったら絶対夕食はここにいきたい!

プレーンもんじゃ
飲み物は冷蔵庫から自分で取ってくるスタイル
昔ながらの駄菓子屋的雰囲気がすてき

おかとく
東京都墨田区本所2-13-4
03-3623-4511

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131103/13145381/

KAIKA東京|BAR

ビールに抹茶を合わせるハイセンスさ!

せっかくなのでKAIKA東京をとことん楽しもう!と食後はBARへ
とにかくセンス抜群!ビールに抹茶をMIXしたり。アウグスビールが置いてあったりと素敵空間で楽しかった。

夜のBARエリアはとにかくセンス○
創作カクテルも豊富でいろいろ気になる…

KAIKA 東京
〒130-0004
東京都墨田区本所2-16-5
TEL : 03 3625 2165 FAX : 03 3625 2166
MAIL : kaika@thesharehotels.com

One Comment

コメントを残す