【まとめ】大人にオススメな「大人ディズニー」の過ごし方

日曜日午後からの大人ディズニー@2016年6月

image

前回大人ディズニーとしてオススメしたのは、「金曜日の夜」でしたが、
今回オススメしたいのは「日曜日の午後コース」です。

大人になると、ディズニーの世界感は好きだけど、朝から晩まで遊べない…
という問題が発生します。学生に朝から晩までディズニーづくしを譲り
15時から入館できるスターライトパスポートで行きましょう。

スターライトパスポート
土日祝日の午後3時以降にパークに入れるチケット
大人(18歳以上)        5,400円 
中人(中学・高校生)12~17歳 4,700円
小人(幼児・小学生) 04~11歳 3,500円
(引用:公式サイト パークチケットの購入について

image

3時前に舞浜駅に到着したら、まずはスターライトパスポートを購入。
一度、駅からパークへ向かう途中にある「ボンボヤージュ」で当日つけるカチューシャなどのアイテムを購入しましょう。
※ボン・ヴォヤージュはパーク内のオリジナル商品の取扱いでパーク園外のショップ

種類がたくさんあるので、かなり迷いましたが・・・
今回はミニーちゃんのリボン(黒)にしました。これなら、大人でも似合う!

image

ビッグサンダーマウンテンは、70分待ち。
他は待ち時間20-30分くらいのものを選んで愉しみました。

image

・ジャングルクルーズ
・ビッグサンダーマウンテン
・ホーンテッドマンション
・ミッキーのフィルハーマジック
・スターツアーズ

image

image

イースターのショーは、衣装が華やかでかわいかったです。
イースターの時期は、うさぎのカチューシャが多かったので途中から探したのですが
パーク内ではほとんど見つからなかったです。入口近くのお土産屋さんで販売していました。
(白・ピンク・青の3色で白は完売してました)

image

image

今回、ディズニーランドへ行って驚いたのは、2015年7月からリニューアルされた「エレクトリカルパレード・ドリームライツ」がレベルが格段に上がっていました。

ラプンツェルが登場したり、ピーターパンとウェンディ、フック船長とスミーが乗る海賊船の帆に映像が映し出されたりと、最新技術がかなり使用されていて、とても綺麗でした。

そして、お酒が飲めないディズニーランドを20時に出て、タクシーで人形町・水天宮へ。高速を使用し、約20分ほどで到着です。帰りの混みあった電車で疲れを倍増するのではなく、快適に移動しディナーを楽しみます。これぞ、まさに大人ディズニー。

おいしい焼肉やさん、素敵なバーで過ごし、最高の1日が過ごせました。

金曜日の夜の大人ディズニー@2014年5月

image

週末の金曜日、少しだけ早く会社を出て、向かったのは…
ディズニーシー!

最も有効な金曜日の過ごし方を考えたら、週末には混み合ってしまう
ディズニーランドへ向かったのでした。
今週末にやってみよう!のオススメはディズニーランドへ。
(6時以降に入れる、アフター6パスポートで)

アフター6パスポート
午後6時以降に入場できるチケット
アフター6パスポート(大中小人均一) 4,200円
(引用:公式サイト パークチケットの購入について

別世界へ飛び立つのに、週末ほどぴったりなタイミングはありません。

image

しかも、ディズニーシーなら、ビアも飲めてしまうという。
大人の週末時間にぴったりです。

アトラクション目的というより、ちょっとお散歩して
ビールを飲みに来ました!みたいなテンションで。

imageなのに、到着後、1時間で巨大なダッフィーを抱えていました。
しかもいちばん大きなダッフィーを。
(だって、シーじゃないと買えないんだよ…)

大人だからこそ、大人げなく欲しいものを購入。
ええ、ええ、大人げない、おとなだっていいんです!
(5歳児のキラキラした羨ましそうな目に、どや顔をしちゃったりして)

この日の夜は少し肌寒かったので、イケメン・ダーフィーがあたためてくれました。

うーーん、思いつきディズニー、最高です…。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す