購読 / シェア

【まとめ】伊勢志摩 1泊2日賢島旅の準備とスケジュール・ホテル

みなさん、夏休みの計画はもうお済みでしょうか?そろそろ旅の計画を立てたり、予約を開始しなくちゃいけない時期ですね。わたしも、あーとかうーとか言いながら旅を検討中です。まだどこに行くか決まってない方におススメなのが、伊勢志摩サミットで有名な賢島。今回は「都リゾート 志摩 ベイサイドテラス」でまるで海外のような素敵な写真を撮ることと疲れた体と心を自然で癒すために賢島へ行ってきました。この島、やはり最強のパワースポットでいるだけでパワーを感じられる旅先でした。
ちなみに最近ホテル名を変更したそうで以前は海辺ホテル プライムリゾート賢島という名前だったとのことですよ。

三重県 伊勢志摩エリア 賢島旅1泊2日のスケジュール

{1日目}
10:13 東京駅発 新幹線乗車
11:54 名古屋着
12:10 近鉄名古屋 発
14:22 賢島着
ーー駅前のファミリーマートで買物ーー
14:30 都リゾート 志摩 ベイサイドテラスシャトルバス
    ✳︎乗り過ごしたら14:50発のシャトルバスもあります
14:45 都リゾート 志摩 ベイサイドテラス 着
エントランスやロビーの撮影で時間調整
15:00 チェックイン
✳︎ホテル内散策
19:00 英虞湾を望むフレンチレストラン「アッシュ・ドール」でディナー
21:00 お部屋へ
22:00 就寝

{2日目}
06:00 起床
06:30 朝風呂
08:00 朝食
09:00 パッキング
10:00 撮影へ
11:00 チェックアウト
11:05 シャトルバスで賢島駅へ
11:30 賢島駅発
13:37 名古屋駅着
14:00 ランチ(名古屋駅)
15:32 名古屋駅発
17:13 東京駅着

賢島旅の前に調べたこと

1.シーズンごとの気温や天気

旅の準備(特に洋服)に必要なのが、「天気と気温」ということで1番先に調べました。とはいえこの時期は日本全体が梅雨なのでちと厳しいかな?と思いつつも東京から少し離れた橋でゆっくりしたくて強引に行ってしまった感はあるかも?夏休み中であれば比較的晴れて気温もちょうどいいので夏休みに行くにはベストかと。星空教室もやっているので次回はザ・夏空を撮影しに行きたいです。

2.いくべき観光名所をググる

グーグルで検索したところ1番わかりやすかったのは、「伊勢志摩観光ナビ」。伊勢志摩のモデルコースが整理されていてとてもわかりやすかったです。是非事前リサーチに活用してみてくださいね。

3.インスタグラムで賢島の絶景スポット検索

旅の前に絶対するのが、インスタ検索です。「#賢島 #伊勢志摩 」で行きたい場所や撮りたい場所を検索しました。
ちなみに今回の旅の私のインスタは #三重をもっと楽しもう からチェックできます。

4.賢島旅の予算はどのくらい?

【1】東京から名古屋駅へ
●新幹線(指定席) 11,090円/片道
【2】名古屋駅から賢島駅へ
●特急(指定席)3,580円/片道
【3】宿泊代 
【都ブランドリニューアル記念】記念価格!になっていて夕朝食付 ¥30,000/人 ほど
✴︎2019/6時点の検索結果

合計:30,000+29,340=¥60,000/人 ほど

賢島で宿泊したのは、「都リゾート 志摩 ベイサイドテラス」

インスタ検索でフォトジェニックが投稿が多かったこと、以前賢島の滞在で自然が美しく空気感が肌に合ったことから今回の旅を決めました。この場所は伊勢が近いこともあるのかすごく心地よく、英虞湾の美しさが印象的で国内でも好きな滞在先です。島全体が美しくすっきりとしていて、本当に美しい場所。

宿泊したのは、スーペリアツイン<オーシャンウイング>
2018年4月27日リニューアルオープンしたお部屋で、南欧風の白を基調に、木目の優しさと英虞湾を感じさせるブルーグリーンのアクセントを加えたやさしく明るいスーペリアツインルーム。全室が禁煙で広々としたバス・シャワーブースで使いやすかったです。ちなみに朝食をルームサービスでお願いしました。

「都リゾート 志摩 ベイサイドテラス」の夕食

やはりスタートは泡で乾杯!

・アミューズ ブーシェ

・雲丹とエクルヴィスの少し温かいサラダ ブロッコリーとトリュフ、ウズラの卵と共に

・黒鮑と鮑の肝リゾット 三つ葉添え 波切産鰹節を振りかけて

・伊勢海老のポワラージュ 黒ニンニクのピュレ 焼トマトと焼米茄子添え

【ディナーコース】
・アミューズ ブーシェ
・雲丹とエクルヴィスの少し温かいサラダ ブロッコリーとトリュフ、ウズラの卵と共に
・黒鮑と鮑の肝リゾット 三つ葉添え 波切産鰹節を振りかけて
・伊勢海老のポワラージュ 黒ニンニクのピュレ 焼トマトと焼米茄子添え
・松阪牛のサーロインのグリエお木曳山椒の香り アコーディオンポテト添え
・デザート
・コーヒー又は紅茶と小菓子

賢島旅の振り返り

慌ただしい毎日から少し距離を置きたくて向かった賢島。東京から約4時間なのに、たくさんの自然や島々が美しく美味しいものもたくさんあり本当に心からリラックスすることができました。日中はフォトジェニックな写真を撮ったり、夜はワイン片手に語り合ったり。ホテルのお部屋もブルーが基調になっていてとてもかわいかった。ここなら女子旅でもデートでも家族でも楽しめるのではないかな?賢島駅からはホテルまでのシャトルバスもありとても楽でした。またお邪魔したいホテルが増えました!

都リゾート 志摩 ベイサイドテラス
https://www.miyakohotels.ne.jp/bayside-terrace/index.html
三重県志摩市阿児町鵜方3618-33
TEL:0599-43-7211
チェックイン15時・チェックアウト11時

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す