購読 / シェア

北アフリカ モロッコ旅 毎日がお祭り騒ぎな「マラケシュ」

マラケシュといえば、1番有名なのはおそらく「ジャマ・エル・フナ市場」ではないでしょうか?とにかくいつ行ってもものすごい人野山だったのが印象的でした。とにかくあちらこちらから声が飛んで来て全然落ち着けない。毎日これが繰り返されているのだとか…。

1m進むにも時間がかかるので、マラケシュのスークは強引な客引が多く、ちょっぴりうんざりするのでサクっと観光したら撤退して買い物は定価販売している

Artistic Ensemble Marrakech
(住所:Avenue Mohammed V, Marrakech 40000 モロッコ)

で適正価格で購入するのが楽だし時間の節約にもいい。

まだまだセンスやクオリティに関しては欲しいなぁと思うレベルではなかった。東京で買った方が良いものが買える。とはいえ、バブーシュは安いし旅の記念に買ってもいいかも。タッセルのキーホルダーももっと買えば良かったかなぁ。

このグリーンの看板が目印で、フナ市場から徒歩10分ほど。Googleでも検索すると出てくるので、困ったら検索してみて。

入口から入ると、モザイクタイルの加工が素晴らしく、美しい。
入口を過ぎると結構簡素なエリアにポツリポツリとお店が並びます。タッセル屋さんや布地屋さん、ランプやさん、かごやさん…とココだけでモロッコ産のアイテムはほぼ全て揃います。また街をぶらぶら、屋台をちらりちらりと見ていると実は同じデザインのものも多い。実は大量生産なのかも?ということであれば、交渉時間は限られた時間を使うのは勿体無いので定価販売のこの場所はお勧めできます。

ささっと買い物を終わらせたら、行ってみたかった「イブサンローラン・ミュージアム」へ。
実はこのエリアはおしゃれエリアとして知られており、ハイセンスなものが揃っているのです。ミュージアムの手前にあるショップをいくつか見て購入するのもいいですが、日本と同じくらいのお値段なので気に入ったものがあればおすすめ。

さて、いよいよ「イブサンローラン・ミュージアム」へ。このピンクの色の素晴らしさ!これだけでうっとりしますし、クオリティの差を感じずにいられません。

ミュージアムの出口付近にあるサボテンとピンクの壁がツボすぎて…このお庭を眺めるだけでも価値があると思う。

もし時間があれば、併設のカフェでオレンジジュースをいただきましょう。フレッシュでしぼりたてのジュースで本当に美味しい。ここでミュージアムに来ているお客さんの様子を眺めたり、お庭を眺めたりして過ごすのも楽しい。

ミュージアム入口にあるこのスペースはフォトジェニックエリア。ぜひ記念写真を忘れずに。

こちらはマラケシュでランチを食べたイタリアンレストランの店内。おしゃれでセンスの良さがキラリと光ります。お店も結構混んでいました。

カルフールに買い物へ行ったのですが、ショッピングモールの中に入っていて人も少なく、適正価格を感じやすい場所。他のスーパーもあるけれど、カルフールが圧倒的に綺麗で買い物しやすいと思います。レジがびっくりするほど混んでいたけどね。あとは、お酒を買う場合にはこちらで購入しましょう。旅の疲れもあって、夜はナイトマーケットには行かずにお部屋でゆっくり過ごそうと決めていたので泡を1本購入してホテルへ帰りました。

不思議なのは、暑いせいもあって市場(スーク)以外には人はそんなに多くないということ。
結構、建築物は見尽くした感があったので、マラケシュでは素敵なリアドを巡るというのが1番オススメの過ごし方かもしれません。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す