【MY TRAVEL TIPS】テーマを決めると旅はもっと愉しくなる!

年に数回ほど旅に出るわたくしですが、無計画に旅先を決めていくと毎年同じ場所に行き続けるなどだんだんとマンネリ化を感じるようになってきました。そこで、ここ数年意識しているのは「旅」のテーマを決めること。カップルや夫婦なら「ラグジュアリー」で非日常感のある場所を選ぶ、女子旅なら「フォトジェニック旅」と題して、うっとりするような景色や写真が撮れる場所を選ぶ、食いしん坊の友人となら「食旅」と題してその場所の郷土料理や風土が感じられるようなお店を巡る…などなど、テーマを決めるとぐっと旅の想像が膨らみませんか?旅行って、ガイドブックに載っているような情報から地元の人しか知らないニッチな情報まで莫大な情報の中から選ばなくては行けないので結構タイヘンなんですよね。(そこが愉しいところでもあるのですが・・・)

カップルや夫婦なら「ラグジュアリー」をテーマにした旅

共働きならときどきのバカンスはとことんラクジュアリーに過ごすのが、オススメです。できれば静かなホテルで、何もしなくてもいい、ぼーっとできる場所と居心地の良いサービスを提供してくれるオーベルジュなら言うことなし。普段の忙しさから解放されれば普段伝えることのできない話もできるのでは?

旅先@熱海:ひらまつ熱海で温泉と美食と絶景をふたりじめする旅

旅先@ヴェネツィア:憧れのアマンベニスで絶景を愉しむ旅

女子旅なら「フォトジェニック旅」をテーマにした旅

最近、ほんまツインズがハマっているのがフォトジェニック旅=フォトジェ旅。インスタグラムなどから行ってみたいカフェ、ホテル、レストラン、観光地などを集めプランニング。これからの旅のトレンドはこのフォトジェニック旅だと思いますよ!

旅先@渋谷:渋谷に点在するフォトジェニックなカフェ巡り

旅先@台湾中部:「台中」でアートとフォトジェニックな場所を巡る旅

食いしん坊の友人となら「食旅」をテーマにした旅

素敵な写真を撮るのと同じくらい注目しているのが、その土地の風土を感じる「食旅」。星付きレストランもいいけれど、その場所、その場所でしか出せない味があるはず。例えば、日本酒は菌によって味が変わるというのと同じようにお肉だって、野菜だって、味付けだってその土地特有のなにかがあるのではないでしょうか?そういった、地元ならではを掘り下げる旅です。

旅先@伊勢志摩:とにかく食材のレベルが高い海鮮食い倒れ旅

旅先@バリ:バリの郷土料理を食べ尽くす旅

それぞれのライフスタイルに合わせたテーマ例をまとめてみました。あくまでサンプルなので自分に合ったテーマを決めることが大事ですよ。自分や一緒に旅する相手の好きなもの…カメラ、グルメ、城、アニメ、ドラマのロケ地、アウトドアなどなど予算にかかわらずアイディア勝負で様々な旅の愉しさが発見できるはず。ぜひ自分だけのオリジナルな旅のテーマを作ってみてくださいね。

【その他、海外旅記事アーカイブはこちら】
https://honmaga.com/overseas_trip
バンコク、プーケット、ドバイ、カナダ、グアム、バリ、ハワイ

【その他、国内旅記事アーカイブはこちら】
https://honmaga.com/domestic_trip
箱根、伊豆今井浜、群馬伊香保、富山、伊豆アルカナイズ、仙台、広島宮島、直島、長野、京都、軽井沢、沖縄(西表島、竹富島、小浜島)、松山

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す