購読 / シェア

【まとめ】 MEDIA AMBITION TOKYO 2017 へ行ってきました!

六本木ヒルズで一部が公開されている「MEDIA AMBITION TOKYO 2017」へ行ってきました!最先端テクノロジーカルチャーは注目している分野で今後、現代アートとは切り離せないものになるのでは…と思っています。最先端テクノロジーカルチャーとはいっても、複雑そうなものからシンプルなものまでさまざま。難しく考えず、思考トレーニングみたいなもの。と見ると詳しくなくても楽しめると思います。

会場は六本木以外にも、飯田橋・原宿・お台場…と様々。期間は会場によって異なるので、スケジュールをしっかりチェックしていきましょう。私はやはり、六本木ヒルズがオススメです。特に、東京シティビューの展示は数も多く、子供でも楽しめるものもいっぱいありました。展示物の中からお気に入りのものを写真付きでご紹介させて頂きますね。紹介しきれないくらいたくさんの作品があるのでさらっと読んでいただいて、ぜひ遊びに行ってみてくださいね。

ちなみに、私のお気に入りは10.Yuki Matsueda[Today’s happy colors!]です。わくわくするような作品に思わず目が♡になりました。

「MEDIA AMBITION TOKYO 2017」って何?

MEDIA AMBITION TOKYO 2017

MEDIA AMBITION TOKYO(通称:MAT)は、今年で5回目となるイベント。最先端のテクノロジーカルチャーを実験的なアプローチで都市実装することを目的としているそうです。いわば、未来を創造する技術とアイディアを結合させたテクノロジーアートの祭典です。期間内には、アートや映像、音楽、トークショー、ワークショップなど様々なイベントが企画されています。

2020年、そしてその先の未来を見据えて移動や通信、情報を含んだ都市システムのありかたが大きく編かしている今、都市の未来を創造するテクノロジーの可能性を東京から世界へ提示。ジャンルやカテゴリーの枠を超えたボーダーのない自由な実証実験により、未来を変革するムーブメントを実体化するようなテクノロジーアートの祭典を目指します
(引用:MediaAmbitionTOKYO パンフレット)

MEDIA AMBITION TOKYO 2017
開催日:2017年2月11日(土)〜2017年3月12日(日)
開催場所・会場:六本木ヒルズ 他都内各所
入場料:無料(一部有料イベントあり)
URL:http://mediaambitiontokyo.jp/

「MEDIA AMBITION TOKYO 2017」六本木ヒルズ 東京シティビューの展示一覧

メイン会場:六本木ヒルズ 東京シティビューの概要
期間:2017/2/11~2017/3/12
時間:10:00-22:00
入場料:無料(東京シティビュー入場料必要)

ヒットミー

{ここは見逃すな!MYイチオシART}

・02.WOW [TOKYO LIGHT ODYSSEY]
 →足元が少しふらつくような楽しさ。日常が一気に変わって見えます
・07.Yoichi Ochiai[Levitrope]
 →とにかくシンプルなんだけど美しい。青空が綺麗に映えます
・08.Yoichi Ochiai[Colloidal Display]
 →茨城県北アートで見逃していた作品が六本木へ
10.Yuki Matsueda[Today’s happy colors!]
 →とにかく、かわいい。そういえば、この発想なかったわ!となること間違いなし
・12.David Letellier[Versus]
 →造形の美しさ、動きの面白さがイイ。撮影も忘れずに
・14.Toshiya Yui+Tomohiro Yokota+Tomoko Hashida[floatio]
 →モチーフのリンゴが浮遊しながら移動していくのは見飽きない!
・宮島 達男[Counter Void]
 →3.11から期間限定のこれは絶対見に行きます!

01.Rhizomatiks Architecture Workshop series [architecture × technology]
WS1: 3D 都市データとスキャン Supported by Autodesk
WS2: 都市Aiのワークショップ collaboration with IBM JAPAN

TOKYO LIGHT ODYSSEY

TOKYO LIGHT ODYSSEY

02.WOW [TOKYO LIGHT ODYSSEY]
暗闇から現れる星屑のような街の断片を浮遊しながら、東京の都市を自由自在に疾走する

03.AKI INOMATA[Think Evolution #1 : Kiku-ishi(Ammonite)]
発掘されたアンモナイトの殻を3Dプリンタで復元し、タコと出会わせる思考実験の旅

04.Shota Matsuda (Takram)[Planck]
世界の移動、通信、人口などのデータを視覚化し、日本を中心にその構造や動きを探る

Playful Hands
05.Minoru Ito (Takram)[Playful Hands]
近くの物体を自動で掴む、色に反応して追いかける、球回しをするなど子供が楽しく使える義手の具体化を試みる

06.Yosuke Ushigome (Takram)[Omotenashi Mask]
タクシー運転手と外国人観光客という典型的な会話を舞台に顔交換アルゴリズムやテキスト読み上げ機能を使ってまだ見ぬ「おもてなし」の可能性を探る

Levitrope

07.Yoichi Ochiai[Levitrope]
金属球を時期浮遊させ、景観を球体に写し撮りながら回転し続けるLev(浮揚)とtrope(回転)からなる装置

Colloidal Display

08.Yoichi Ochiai[Colloidal Display]
シャボン幕に映し出される蝶が東京の街並みと空を背景に羽ばたく、リアルとバーチャルが重ねられた儚くも不思議な世界

09.Yoichi Ochiai[幽体の囁き]
物質的には存在しない気配を超指向性スピーカーによる空間音響技術で、環境音を再生成する

Yuki Matsueda

Yuki Matsueda

Today’s happy colors!

10.Yuki Matsueda[Today’s happy colors!]
平面から立体へ、静から動へ、解放させて飛び出す瞬間を造形に落とし込む

Terada Exhibition

Terada Exhibition

11.Tomohiro Terada[Terada Exhibition]
自分の時間を教えてくれる機械たち

David Letellier

12.David Letellier[Versus]
予測できない音や動きで対話をする向かい合うふたつのキネティック・スカルプチュア

13.Akira Wakita+Tetsuya Komuro[Scalar Fields]
人が歩く際に空気中に圧力が伝播する様子を数値流体力学でシミュレーションし、靴のソールが作り出す「日常に隠された絶景」をあぶり出す

floatio

14.Toshiya Yui+Tomohiro Yokota+Tomoko Hashida[floatio]
万有引力を象徴するりんごをモチーフとして浮かせることで、アニマシー(生物らしさ)を知覚させ、モノに生命を宿す

15.Akinori Goto[toki- series_♯01]
動きを繋げて時間を実体化。光を投射することで命を吹き込まれたかのように切り取られた時間が再生される

16.Yuta Sasaki[ズームイン顔]
認識した顔に向かって「カーッ!!」という効果音とともにズームイン

17.Yuta Sasaki[鈴木よしはる]
廃棄された実在のポートレートに映像を重ねることで、写真に宿るほのかな命を燃え上がらせ、見る人の中に物語を形成する

「MEDIA AMBITION TOKYO 2017」期間限定展示

1.六本木ヒルズ 森タワー3F プレゼンテーションルーム
ノガミカツキ(Katsuki Nogami)[Rekion Voice]
ロボットの骨の軋みや信号音を聴診器によって集音、超音波スピーカーによって飛び交う様を聞く
期間:2017/3/3~2017/3/12
時間:15:00-22:00

2.六本木ヒルズけやき坂
宮島 達男[Counter Void]
東日本大震災を機に消灯し続けているパブリックアートCounter Voidに光を灯す3日間
期間:2017/3/11~2017/3/13
時間:14:46-23:59

3.六本木 ART&SCIENCE GALLERY LAB AXIOM
技術的側面と文化的側面を併せ持つ若手作家の作品を展示
期間:2017/1/21~2017/2/25※終了
時間:13:00-19:00

長谷川 愛[Second Annunciation]
昨年度の文化庁メディア芸術祭で優秀賞を受賞した「私はイルカを産みたい」と「シェアードベイビー」を日本初公開
期間:2017/1/28~2017/2/25※終了
時間:15:00-22:00

4.飯田橋 アンスティチュ・フランセ東京
宇治野宗輝・Patrick Tresset・Samuel Bianchini他[デジタルショック2017]
日本とフランスのメディアアートのフェスティバル。人工知能や機械と人間の関係を追求するプログラム
期間:2017/2/10~2017/3/20
時間:不明

5.渋谷 ヒカリエ 8F CUBE1,2,3
YouFab Global Creative Awards受賞作品
デジタルとフィジカルなものづくりの高度な連携によって生まれる作品・発明を評価し、贈賞するグローバルアワード
期間:2017/3/8~2017/3/19
時間:11:00-20:00
入場料:無料

6.原宿 ラフォーレミュージアム原宿
クワクボリョウタ・三原総一郎・菅野創・山城大督・村山誠・石塚千晃 他
calculated Imagination Media Art Exhibit Initiated by IAMAS
先端的技術と芸術的創造の融合を目指すユニークな教育機関IAMASと創るメディア表現の現在
期間:2017/3/10~2017/3/16
時間:11:00-21:00
入場料:無料

7.水道橋 チームラボ
チームラボのオフィス体験ツアー*30名(募集締切済)
期間:2017/3/2
時間:15:00-16:00

8.お台場 日本科学未来館
学生CGコンテスト※終了
アニメーション、映像、ゲーム、パフォーマンス、メディアアートなど様々なジャンルの次世代を担う才能に出会えます
期間:2017/2/24~2017/2/26

MEDIA AMBITION TOKYO 2017
開催日:2017年2月11日(土)〜2017年3月12日(日)
開催場所・会場:六本木ヒルズ 他都内各所
入場料:無料(一部有料イベントあり)
URL:http://mediaambitiontokyo.jp/

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)