【PARTY】ブランド創立70周年 “MissDior, Grasse in Tokyo”

ブランド創立70周年、1日限りのMissDior, Grasse in Tokyo

今年は、Dior のブランド創立70周年という記念すべき年。今年、ディオールは様々なイベントを世界中で展開していく予定なのだそう。その第1弾として2月4日のたった1日だけ開催されるイベントが、この『MissDior, Grasse in Tokyo』
実は、このイベントの前日にプレパーティーが開催されたのでツインズでお邪魔してきました。

1947年に誕生した MISS DIOR はブランドのコレクションと同時に発売されたフレグランスということで、ディオールのブランドのルーツと言っても過言ではないスペシャルなアイテム。ということで、記念すべくイベントの第1弾に選ばれたのだそう。

会場には、あらゆる場所にフォトスポットが用意されており、どこで写真を撮ってもフォトジェニック!インスタグラマーやブロガーにとっては夢のような空間で、ブースには長い列が。撮影後は、すぐにSNSでシェアできるようになっています。

-フラワーシャワーが体験できるムービースポット
-調香師のラボ風のワークショップエリア
-ドレッサー風のフォトブース

尚、会場内でSNS投稿をした先着2,000名には、MissDiorのミニサイズフレグランスをプレゼントも!女性の体温を1℃あげてくれるような、わくわくとドキドキが詰まったイベント。

プレパーティーでは、たくさんの方が駆けつけていて会場はものすごい人でした。さすが、ディオール。細かいところまで凝っていてディオールの世界観が伝わってきます。70周年ということで、ディオールの歴史を振り返るような展示もたくさんありブランドの魂にふれたように感じました。

そして、会場いっぱいに広がるMissDior(ミス ディオール)のフレグランスの香りが最高に幸せな気分にしてくれます。

Diorの MissDior(ミス ディオール)とは?

「愛のように香るフレグランスを」というクリスチャン・ディオールの言葉から生まれた「MissDior(ミス ディオール)」は、1947年に誕生した フレグランス。ナタリーポートマンがミューズを務め、CMでは結婚式をエスケープしながらピンク色のドレスを脱ぎ捨ててヘリコプターに乗るというシーンがとても印象的。どちらかというと、良妻賢母なイメージだったディオールが、女性がもっと自由に…というメッセージを伝えてきたことにとても驚きました。だけれども、ただ自由にだけではなくかわいらしさも兼ね備えて…といった印象も。

この香りは、クリスチャン・ディオールが南仏グラースに咲く花々にインスピレーションを受けて誕生させたものだそう。現在のところ、香りは2種類あり、フローラルの香りに、フレッシュなレッドベリー、ローズ、ホワイトムスクがとても上品です。ぜひお試しを!

・ミス ディオール ブルーミング ブーケ
30ml ¥6,480
・ミス ディオール アブソリュートリー ブルーミング
30ml ¥8,640

ミス ディオール -Grasse in Tokyo-
場所:BANK GALLERY (東京都渋谷区神宮前6-14-5)
※入場無料

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す