【PR】思わず乗りたくなる、進化した自転車のなう! 「CYCLE MODE 2017」へ行ってきた

【PR】思わず乗りたくなる、進化した自転車のなう! 「CYCLE MODE 2017」へ行ってきた

こんにちは!11月の3連休はいいお天気続きで気持ちの良い日が続きました。そんな3連休初日に、向かったのは幕張メッセ。実は、最近自転車の進化が凄いらしい…と聞いて、サイクルモード(CYCLE MODE 2017)というイベントに行ってきました。今日はそんな進化を遂げた凄すぎる自転車についてご紹介したいと思います。

もはや自転車とは呼べない?電動自転車で快適にサイクリングが楽しめる!

CYCLE MODE 2017 とは?
https://www.cyclemode.net/2017/
開催場所:幕張メッセ
開催日:2017年11月3日(金・祝)-2017年11年5日(日)

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

正直、自転車を選ぶポイントと言えば「値段・デザイン・機能」をもとに自転車やさんで既製品を買っていたワタクシ。CYCLE MODE 2017 へ行って一番驚いたことは、自転車はカスタマイズ自由自在なアイテムだったこと。住まいに例えると…注文住宅・建売住宅があるのに、注文住宅はいっさい考慮に入れていなかったことに。オーマイガー!

そして、会場を巡るうちにどんどん愉しくなってきます。ひとくちに「サイクリング」って言っても、そのアプローチ方法はさまざま。自分が気になるところをピンポイントに攻めればいいんだなぁということが分かってきます。

【自転車(サイクリング)のカスタマイズ要素】
1.完成車:
   +
2.パーツ:
フレーム、ペダル・サドル・モーター(電動バイクの場合)
   +
3.ファッション:
サングラス・ヘルメット・シューズ・ウェア
   +
4.周辺機器:
カメラや速度計などなど

そうそう、会場には自転車好きに向けた旅行会社や各自治体(観光)、施設のブースも。とにかくサイクリングを取り巻くものすべてが揃っていました。正直、そんなに大きなイベントじゃないんだろうなぁ…と想像していたのですが、めちゃくちゃ充実していて驚きました。

進化した自転車のなう!進化のポイントとは?

進化した、進化したっていったいなにが進化したの?
そうですよね、自転車のカスタマイズが進化の理由ではありません。1番の進化の理由は「電動になったこと」
私の周りにも両親世代を中心に普段乗る自転車ですら電動化が始まっているわけなのですが、それがスポーツ用にも取り入れられてきています。

実は今1番行きたい国内旅行先が「しまなみ海道」なのですが、普段自転車を乗っていない人にとって1日中のサイクリングには不安しかない…。そんな人のために生まれたのが「e-sports bike」というジャンルだと推測します。まだまだ元気な両親世代の方々が嬉々として向かう姿が目に浮かびます。スポーツジムとか通っていて元気ですからね…あの人たち。(꒪⌓꒪)

e-sports bikeとは?
e-sports bike とは、ひらたく言うと「電動アシストスポーツバイク」のこと。

自転車業界は、電動自転車の登場により様々な進化を迎え、今まさに飛躍しつつあります。自分の力で できる喜びをもっとたくさんの人が体感できるようになったのは嬉しいこと。まだまだ元気な両親を誘 って旅行も楽しめそう。ついでに運動不足も解消できて嬉しいことづくしです。

「サイクリング」は個人の力量に合わせて道具を選べる時代に・・・。

たとえば、彼や友人など親しい人がサイクリングが趣味でもその人のベクトルに合わせなくても良くな りました。だって電動自転車があるから。体力を使いたい人は使えばいいし、自信がない人は道具に頼 ればいい。大事なのは、楽しむということなんだよね。そして、ツールをうまく選ぶだけでみんながハッピーになれるのはいいこと。

もしマシーンに興味がなかったらサイクリング用のウェアに力を入れてもいい。少しづつ、興味の範囲 を拡大していけばいいんじゃないかな?と。旅行好きなら、サイクリングができる旅先を選べばいいだ けだもんね。少しだけ、一緒にいる人に寄り添う、それだけで自分の世界もグッと広がると思います。 そして、自分にあった自転車を選ぶだけでOK。誰も気を使いすぎることなく過ごせるってプライスレスですよね。同じ道具で楽しまなきゃという発想から抜け出してみるのもいいかもしれません。

自転車ビジネスのリーダー的存在、シマノさんのブ ースがすごく良かった。

ふらっと会場を歩いていていになったのが、SHIMANOさんのブース。ふと目をやるとイベントのリス トバンドもSHIMANOさん、試乗エリア周辺のロープにもSHIMANOの文字。そっか、この業界を引っ張っているのはこのブランドなのかも?ということでブースへ行きチェックしてみました。

正直なところ、e-sports bikeって聞いたら初心者には難しいのかな?と思っていました。実際に行ってみると、初心者にも優しいガイドブックやサービスなども充実していてびっくり。スポーツバイクの乗り方は普通の自転車と異なるため乗り方のレッスンもありました。これがとても人気でびっくり。

さらに様々な解説書なんかも作っているみたいで初心者にはこれが嬉しい!イラスト付きでわかりやすく楽しみながら自転車のことが学べますよ。

SHIMANOさんのブースでは、自転車本体は作っていないそうで、あくまでパーツの提供をしているそうです。ウェアは通気性に優れ機能的。初心者向けの資料を準備してくれていたり、自慢のエンジンの 展示があったりととにかく自転車のことを手っ取り早く知るならこのブースは外せません。

イベントでは、実際に自転車に乗って試乗が可能! 自分に合うものがわかるのが魅力。そして何台も乗 りたくなる!

CYCLE MODE 2017 の1番の魅力は「試乗」可能なこと。いいなぁと思う自転車はあるものの結構高いとお試しせずに買うのはちと怖いですよね。でも、CYCLE MODE 2017に来れば気になる自転車の多くが試乗可能なの。1台だけ試しに乗ってみるかな?とチャレンジすると楽しさのあまりあれもこれも…と試したくなっちゃいました。会場が広いので、スイスイっと操作できてそれぞれのメーカーさんの個性がわかります。

私は、会場内でも圧倒的な人気を誇っていたMIZUTANIさんの「Seraph(セラフ)」がスタイリッシュなのにパワフルで好きでした!小型なのに17.5kgと軽量で操作しやすいし、シマノSTePS の大容量バッテリーだから長時間のサイクリングもでき、白と黒のカラーバランスが女子にもぴったり。ハードすぎ ずオシャレに乗りこなせると思います。

他にもPanasonic の電動自転車にチャレンジしたのですが、走り出しのスムースさが違いました。同じ電動自転車と行ってもバッテリーやドライブユニットによって結構差が出るのかも…となかなか面白い比較ができて良かったです。私もそろそろ電動自転車を買おうかなぁ。

CYCLE MODE 2017
https://www.cyclemode.net/2017/
開催場所:幕張メッセ
開催日:2017年11月3日(金・祝)-2017年11年5日(日)

Sponsored by シマノ