購読 / シェア

【まとめ】 茨城県 国営ひたち海浜公園 にある「ネモフィラの丘」の絶景に感動する

桜を満喫した4月もそろそろ終わり。待ちに待ったゴールデンウィークがやってきます。気分は夏に向けて一直線…。アレもしたい、コレもしたい、と妄想は膨らむばかりです。天気も気温も気持ちの良い新緑の季節。BBQもピクニックもいいですが、この時期にしか楽しめない「ネモフィラの丘」が密かに人気だって知っていましたか?

ネモフィラとは?
ネモフィラはムラサキ科ネモフィラ属(Nemophila)に分類される植物の総称。カナダからアメリカ、メキシコに多くある花で、英語では five spot または baby blue eyes。花言葉は「どこでも成功」「可憐」「あなたを許す」とのこと。基本的には青い花をしていますが、中には白い花もあります。

尚、国営ひたち海浜公園には450万本のネモフィラがあり、特筆すべきはそれが丘一面に咲いていること。一番きれいに見えるのは、見晴らしの里からみはらしの丘を見上げる場所です。立体的に青い花が見られるため、空のブルーとネモフィラのブルーがとてもきれいでした。

「絶景」「写真映え」がテーマのおでかけなら茨城県にある「ネモフィラの丘」へ

ここ数年、盛り上がりを見せているSNSでの写真映えは旅行やおでかけにも広がっています。最近はいいカメラを持って撮影のために旅に出るなんて公言する人も急増中…。そんな写真好きの方にオススメしたい場所が、茨城県国営ひたち海浜公園にある「ネモフィラの丘」です。

国営ひたち海浜公園
http://hitachikaihin.jp/
茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
029-265-9001

{入園料金}
大人(15歳以上)  一般:410円 団体:290円
シルバー(65歳以上) 一般:210円 団体:210円
小人(小中学生)  一般:80円 団体:50円
※エントランス横に券売機があるのでそこで入園券を購入します。

■遊園地:プレジャーガーデン
28個のアトラクションがある遊園地。小さな子供がいるならかなり楽しめます。

■BBQ:バーベキュー広場
WEB予約可能。場所自体は無料ですが東京から行くならBBQケータリングセットをオーダーするのがオススメ(5名以上、7日前予約)
事前にひたち海浜公園バーベキューサイトの予約必須なのでまずは場所の予約を済ませましょう。

■フラワーガーデン
・ネモフィラ(みはらしの丘)
・菜の花(みはらしの里)
・チューリップ(たまごの森 フラワーガーデン)
・スイセン(スイセンガーデン)

ネモフィラが圧倒的人気のため、ネモフィラのあるみはらしの丘のみ人がたくさん!人は多いのですが、歩く場所(道)は決まっているので比較的写真は撮りやすいです。ちなみに花畑の中は立ち入り禁止!中に入らなくても工夫して撮影すればお花畑の中にいるような写真が撮影できますのでいろいろ試してみてください。ちなみに、チューリップや菜の花は比較的写真が撮りやすいです。ただし、公園内はものすごく広く歩き疲れてしまうことも。必ず歩きやすい靴を持っていきましょう。また見たいものから回っていくのがオススメです。

茨城県にある国営ひたち海浜公園「ネモフィラの丘」を楽しむコツ

・天気のいい日を選ぼう
・可能であれば2人以上でおでかけして、撮り合いっこしよう
・三脚はあると便利
・ピクニック気分でタイムラプス動画を撮影
・お弁当やテントを持っていく

{おひとりさまでもいい写真を撮影するテクニック}
ちなみに、ひとりで行く場合にはこだわりのありそうないいカメラを持ったカップルや(女子)二人組に声をかけて、まず「よかったら、撮りましょうか?」と声をかけましょう。その後「私も撮ってもらえますか?」とお願いすると喜んで撮影してくれます。いいカメラを持った人を選ぶのは、写真のこだわりが強いことが多いので構図がきれいでいい写真を撮ってくれる可能性が高いため。また、二人組に声をかけるのは撮ったらサクっと終われるから。撮った写真のチェックもお忘れなく!もしいい写真がなかったら、ここから撮ってください~と構図を伝えるのも有効ですよ。

茨城県にある国営ひたち海浜公園「ネモフィラの丘」を知っておくと便利なこと

{ポイント1}
車で行く人が多いため、最寄りの「ひたち海浜公園IC」は混雑がすごいです。日曜日の午前11時で高速道路から降りるのに300-500mは並んでいました。そこで、迂回ルートの「常陸那珂港IC(区間無料)」に向かい、迂回していきました。迂回はしたものの通常より明らかに早く到着できたような…迂回ルート、オススメです。駐車料金は普通車510円です。

{ポイント2}
都内から国営ひたち海浜公園までは約90分とGoogleが表示していましたが、実際は180分ほどかかりました。ネモフィラ渋滞があるため、片道3時間かかると思った方がいいです。また、帰りは時間をずらして早く帰る、遅く帰るなどしないとかなり渋滞します。

{ポイント3}
公園内にはカフェや出店あり!お弁当を持っていかなくても行列覚悟なら食べ物を買うことができます。自販機も多少はありますが、事前にコンビニでお弁当などを買ってから来るのもいいかもしれませんね。

{ポイント4}
海からの風が結構冷たいので、晴れていてもストールなどの上着は必要です。

{ポイント5}
晴れていると光がまぶしいので、サングラスや帽子を持っていくといい。(写真のポイントにもなるよ)

混んではいましたが、目の前に広がる青いお花畑は、たしかに一生に一度は見てみたい!と思うほど美しかったです。毎年GW頃が見ごろとのことなので、まさに今がチャンス。今年を逃すとまた来年まで見ることができません。桜でピンクの景色を満喫した後は、ネモフィラのブルーにまみれる…というのがマイ定番になりそうです。GWの予定がまだ立っていないという方にはぜひおすすめです。素敵なお休みをお過ごしください~。

国営ひたち海浜公園
http://hitachikaihin.jp/
茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
029-265-9001
入園料:大人 410円 駐車場:普通車 510円
※駐車場に入るまでがかなり混みますが、入ってしまえば意外と広々!

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)