購読 / シェア

千葉県「THE FARM」でグランピング×CAMP HACK

つい先日、20年以上ぶりのキャンプに行ってきました。でも、ただのキャンプではありません。そう、ここ数年流行りの「グランピング」というものです。天気のいい日に自然に囲まれてBBQとか、やってみたい!と思っていたものの、そもそもワタシ、アウトドア知らない…ということで、手っ取り早くかつ楽にコツを教えてもらおう。とキャンプの情報を発信している「CAMPHACK」というサイトのイベントに潜り込むことにしたのでした。しかも、女性向けイベントということでキャンプ業界のインスタグラマーさんの写真テク講座もあるのだとか。ま、ワタシ的にはいろいろあったのですがそんな体験も含めて、まとめてみました。トラブルもジェネレーションギャップもありましたが、サバイブした感がキャンプならではでした。

グランピングとは?

グランピングとは?
「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を画し、テントの設営や食事の準備などの手間がかからず、初心者でも気軽に楽しめる点が人気を集めている。欧米では5年ほど前から流行、日本では、2014年ごろから高級志向と相まって注目され始め、専用施設も増えてきている。
多くの場合、キャンプ場などにあらかじめ設置されたテントやキャビン(小屋)などの施設を利用する。施設はホテルの一室をそのまま自然の中に設置したイメージで、冷暖房や風呂、トイレなどが完備されている。食事については、用意された食材を焼いてバーベキューを楽しむ、料理がテントに運ばれる、といった形で提供されるため、調理器具を使って作る必要はない。
(引用:コトバンク

旅のニューカテゴリーとして注目されていたグランピング。ホテルの部屋+アウトドアの体験は星のや軽井沢で体験していたものの、テントは実は初めて。
というわけで、オシャレで豪華なテント泊をしてみたい~と思っていてリサーチしていました。

・星野や富士@山梨県河口湖
・森と星空のキャンプヴィレッジ@栃木県ツインリンクもてぎ
・WILDBEACH@千葉県木更津
・伊勢志摩エバーグレイズ@三重県伊勢志摩

その中から、千葉県にある「THE FARM」さんを選んだのはCAMPHACKさん×インスタグラマー「yuriexx67」さんとのコラボイベントをやるよ!というイベントページを発見したから。グランピングでググッていたら偶然発見したんですよね。

yuriexx67×CAMP HACKによるグランピングイベント『Farm Glamping』

yuriexx67×CAMP HACKによるグランピングイベント『Farm Glamping』
http://camphack.nap-camp.com/1626

【Farm Glampingイベント概要】
開催日:4月8日(sat.)9日(sun.)
時間:8日12時チェックイン、9日10時チェックアウト
開催場所:THE FARM
住所:〒287-0103 千葉県香取市西田部1309−29

{スケジュール}
12:30~17:00 火おこし体験(所要時間30min.)
13:00&15:00 収穫体験
13:00&15:00 YURIEの撮影テク講座
17:00~20:00 FREE TIME 
温泉&BBQ(食材お渡し17:00~19:00)
20:00~22:00 NIGHT CONTENTS
野外シネマ&・スモアバー
22:00      QUIET TIME(就寝)
07:30~or08:30 BREAKFAST @CAFE
10:00      ChackOut

<参加プラン>*夕食(BBQ)、朝食、温泉利用料付
■初心者でも安心・手ぶらでも参加できます
・プランA【最大定員4名】
リバーサイド(1人料金・1泊2食)
基本料金19,256円(税込)
以降、1名増加ごとに19,256円追加

・プランB【最大定員4名】
ジュニアスイート(1人料金・1泊2食)
基本料金20,714円(税込)
以降、1名増加ごとに20,714円追加

・プランC【最大定員4名】
クリフスイート(1人料金・1泊2食)
基本料金21,589円(税込)
以降、1名増加ごとに21,589円追加

・プランD【最大定員4名】
スイートビラ(1人料金・1泊2食)
基本料金22,464円(税込)
以降、1名増加ごとに22,464円追加

・プランE【最大定員4名】
コテージ(1人料金・1泊2食)
基本料金15,903円(税込)
以降、1名増加ごとに15,903円追加

体験したのは、THE FARM「プランA」

・プランA【最大定員4名】
リバーサイド(1人料金・1泊2食)
基本料金19,256円(税込)
以降、1名増加ごとに19,256円追加

テント内の雰囲気はこのグリーンのホットカーペットの上に椅子とベッドが真ん中に設置されており、周りに収納・タオル掛け・照明・暖房が置かれていました。また、マットと寝袋も用意されていたのですがこれは2人以上で宿泊するためのもの?もしくは、寝袋が好きな人用なのかな?なお、収納の中には、コーヒーやココア、電気ポットなどなど。食事にマシュマロがつくのでBBQで焼いて、ココアの上にのせて飲むといいかも。石油ストーブがあるため、寒くなかったし、電源があるので携帯の充電やお湯を沸かしたりするのもラクチンでした。

食事のエリアとお部屋とは完全に分かれているので、BBQの煙がついちゃってクサイ…みたいなことはまったくなかったし、雨でもビニールでカバーしてあるからへっちゃらでした。ちょうど、BBQの時は雨が小雨&止んできていたからビニールのカーテンを開けてBBQできました。水回りは映っていないけど、写真右手に専用のものがあり便利。寝るときにのどが乾いたらお水が飲めるよう、夜のうちに水道からお水を入れておきました。いちいちテントから出なくていいので、オススメ。翌朝すぐにコーヒー飲めるし…。

そうそう、火がついたら慌ててお肉を焼いちゃったのだけれど火の通りがイマイチでした。想像以上に炭は長持ちするので、焦らず、火が中火になって落ち着いてからやき始めるのがオススメです(笑)

「THE FARM」のグランピング体験で気になることといえば、食事・お風呂・トイレではないでしょうか?トイレは個別にはなっていませんが綺麗だったし特に問題ないかも。
ただし、夜中にトイレに行って隣のテントの人がテントを開けようとするという恐怖体験がありました(汗)

ちゃんとカギをかけていたから、大丈夫だったけれど夜中の不審者登場はかなりビックリしました。部屋の目印があるといいかもしれませんね。

食 事:BBQセット(ただしお酒などの飲み物は別料金)
お風呂:近くのスーパー銭湯にて何度でも入浴可能
   (バスタオルはテント内にあるので忘れずに…)
トイレ:共同トイレを使用

鍵は旧式の南京錠的なものが頂けます。夜中などには内側からそのカギをかければOKでした。

THE FARM に隣接された施設は、カフェ・銭湯・野菜畑・たき火エリア

お風呂:近くのスーパー銭湯にて何度でも入浴可能
   (バスタオルはテント内にあるので忘れずに…)

結構広いスーパー銭湯のような作りで手前にコンビニ的な軽食やお菓子なんかも売っていて便利。入口に靴箱があるので靴はそこにしまいます。ロッカーの利用に100円必要なのでお財布か小銭をもっていきましょう。一般客の方もいるのでみんな一緒にざぶーっとはいります。髪を乾かすエリアが少ない(4席ほど)ので注意。お風呂上りには、食事どころでごはんやビールをぐびぐびできます。

お茶をのんだり、朝食(バイキング)で利用したのは、カフェ。地元の方にも人気があるようでいつ行っても満席状態。おしゃれなロッジ風です。晴れていたら、オープンテラス席で食事をすると気持ちよさそうでした。

グランピング、行ってみて感じたこと

〇良かった点
・手ぶらでキャンプ体験は楽しい
・雨でも食事の場所に雨よけがしてあり快適
・BBQが想像以上に豪華かつよく考えられたメニューだった

×悪かった点
・天気(くもりのちあめでアウトドア気分が盛り上がらなかった)

△持っていくと良いもの
・お部屋がシンプルなので、自分で好きなラグや小物を持っていくとより楽しい
・雨の場合には地面がぬかるむので、長靴のようなものが必要

というわけで、はじめてのグランピングでしたが想像以上に楽しめました。おひとり様2万円はちょっぴり高いかな?とは思いますが、普通のキャンプとは違った楽しさがあるし、とにかくラクチン。体験としてはなかなかいいのではないでしょうか。新しい旅のカタチとして人気のグランピングの魅力に触れた1日でした。次回は晴れた日に行ってみたい!(こればかりはしょうがないんだけど…)

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)