Cafe ”Diptyque” で。

[192]

香りの専門家 Diptyque が二子玉川にやってきたの続編です。

ディプティックの福住社長から店舗の紹介がてらランチでも…と
お誘いいただいてお邪魔したのが、高島屋にある「レ・ジャルダン」

ちょうど、Diptyqueのお店の上、7Fにお店がありこちらもフランスつながり。
落ち着いた店内は「Diptyque」のキャンドル Thé でデコレーションされ
さながら1日限定のCafe ”Diptyque” となっていました。

おうちでこんなテーブルコーディネートができたら素敵です。

[209]

そして、ディプティックの福住社長はこちら。
いつもスマートなお洒落と気配りで、キャンドル同様、女性を虜にさせています。

Staffも女性が多いとのことで、物腰が柔らかくいろんな相談がしやすいのです。
福住社長、いつもありがとうございます。

この日は、本国から偉い方がいらしていました。
(やっぱり、フランス語もできるといいなーと実感…)

[189]

エントランスは、オレンジを基調とした色味で統一されています。
さりげなく置かれたトランクケースの中は、これまたさりげなく置かれた
ディプティックのアイテムたち。

なるほど、こんな風に配置すればいいのか…と勉強になります。

[199]

香りについて話をしていて、ふと思い出したのが香水の使い方。

シャワーを浴びたあと、ボディクリームを肌につけ
それと同じ香りの香水を身に纏うのが正しい香水の使い方…

というのを、以前、聞いたことがあって。
そうすることによって、さまざまな香りのレイヤーができるとともに
香りがより複雑になって長く持続させられるのだとか。

まずは、シャワー後に香水を振り掛けることから始めよう。
そうすれば、バスルームが香りに満たされて幸せな気分にもなれるし…。

[193]

[202]

週末なので、お昼からワインを。

ディプティックは、1963年にAubépine(オベピン)、Thé(テ)、Cannelle(カネル)の
3つのフレグランスキャンドルからスタートしたブランドで、
今回の二子玉川の店舗もその当時の初心を忘れずに…ということでチョイスされたのかも。

食事の際もキャンドルを焚いていたのですが、
それぞれの料理を邪魔することなく、その場を盛り上げてくれていました。

これはキャンドルの香りが自然のものだからなのかも。
食卓に花を飾るように、キャンドルを焚く・・・それだけで、何とも言えない
贅沢な気分になるから不思議です。そう、必要なのは心のゆとりなのかもしれません。

一生懸命頑張るのも、大事。
でも、ふと立ち止まって自分を振り返る時間も、大事。
おとなって大変です。

[240]

[230]

[223]

[217]

[240]

レ・ジャルダン
東京都世田谷区玉川3-17-1 玉川タカシマヤ S・C南館 7F
03-3709-0009
http://les-jardins.jp/

URL :
TRACKBACK URL :

コメントを残す